シノケンの無料DVDプレゼント中!

用語集

大切な資産を守るなら形に残る不動産経営を!グループ合計20,000戸!信頼と実績のシノケンで!
  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ

相続税

相続税とは、死亡した人の財産を相続したときや遺言によって財産を取得したときに納める税金のこと。亡くなられた人を被相続人、相続によって財産を受け継いだ人を相続人という。相続した財産は原則として全て課税対象となる。ただし、墓地、神棚、仏壇などは非課税。さらに、被相続人が支払っていた生命保険金や死亡退職金についても「法定相続人×500万円」までは相続税がかからない。相続人の借入金の額は相続財産から差し引く。

土地、株式など相続財産はそれぞれ一定のルールで見積もり、課税価格を求める。 相続税には、5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)の基礎控除があり、これを超えた遺産に税金がかかる仕組みになっている。例えば法定相続人が2人の場合、取得した遺産が7,000万円までであれば非課税となる。


●関連キーワード
20代から始める安全投資の教科書 安全に資産運用するための、初心者向け投資入門サイトです。